2007年02月15日

妊婦検診(37週)

昨日14日は、37週の妊婦検診でした。

やはり、逆子は治りませんが。

ベビーは毎日元気に動いていて、足が穴から出るんじゃないかと
思うほど(笑)よく動くので、夜どうしても眠りが浅いのですが、
元気に動くと安心するので、不思議とストレスにはなりません。



36週の検診の時点で、ベビーの体重は2450g。
「標準のやや小さめ」だそうです。
自然分娩なら、「小さく産んで大きく育てる」のに理想的だったかも。

帝王切開で38週に出産すると、もしかしたら呼吸する力が弱く、
最初はチューブなどつける事になるかも、と言われました。

ぴよこの子だから、小さくてもたくましそうだし、
きっと大丈夫だろうと思うけど。



実家に帰ってから外食をよくするので、足に少々むくみが出ています。

減塩はモチロン、塩分排出の為、頑張ってワカメやきのこを
食べているのですが、授乳前に食べれる物を食べておきたい心の
葛藤と、娘の手術前においしい物を食べさせてあげたい両親の
親心の誘惑に、塩分排出が追いつかないようで…

反省・・・・・



あと、お腹が張っているそうです。

ここ2〜3日、風が強くて花粉が舞ってるからか、花粉症のぴよこは
クシャミしまくり、鼻かみまくりなの。
そのせいかしら・・・・・?

お腹が張ると破水しやすくなるそう。
手術日までに破水したら即緊急帝王切開になっちゃうから、
なるべく安静にしててね、と言われちゃいました。

でも、じっとしてるのが苦手なぴよこは、安静にしてる方が
ストレス溜まってお腹張りそう…
料理作るぐらいなら…大丈夫よね…?



昨日は手術前の最後の妊婦検診という事で、たっくが有休取って
一緒について来てくれました。
12日は23時頃まで仕事、13・14日と休みだったのですが、
13日は住宅メーカーの設計の方とマイホームの打ち合わせがあり、
その後姫路から大阪へ。
昨日は病院で半日潰れ、夜には姫路に帰りましたが、今日は
朝5時起きで仕事の日。

実家が遠いせいで苦労かけるなぁ・・・・・

 たっく 「その代わり、ワイは痛くないから」

と言ってくれるたっくは、19・20日も有休を取ってくれたらしい。

19日は、ぴよこはもう病院なので、たっくはぴよこのいない実家に
1泊する事に。
あの、超人見知りのたっくが・・・・・
ぴよこの手術より、ある意味心配かも(笑)


たっくは交替勤務なので、以前から出産日に病院に来るのはきっと
難しいねって話をしていたのですが、帝王切開になったお陰(?)で、
生まれてすぐの赤ちゃんを見る事ができそうです。

たっくのデレデレした顔が目に浮かびます。



あと5日で赤ちゃんの顔が見れるのかと思うと、本当に楽しみ♪

毎日姫を見ながら、「これぐらいの大きさかな?」と妄想してしまう
ぴよこでした。

耐える姫
posted by ぴよこ at 15:45| Comment(3) | TrackBack(0) | 妊娠!?結婚!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月14日

外回転術

2月7日にちょい動揺したぴよこです。

が、性格なんでしょうが、夜には冷静でした。



姫は相変わらず可愛いです。

寝ぐせ

しっぽの寝ぐせもキュートですハートたち(複数ハート)




とりあえず、7日は病院から帰って、まずたっくに現状を説明。
2人で「外回転術」について、ひたすら調べてみました。



産婦人科医系のブログやサイトでは、圧倒的に負担や危険性を
指摘する声が多かったです。

  ・成功率は50%(特に初産婦は、子宮が硬く回転しにくい)
  ・破水、早産、出血、胎盤剥離などの危険性がある
  ・40%の胎児に一時的な心拍数の低下が見られる

…等々の理由から、最近では外回転術をしない産婦人科も多いとか、
ベテランで経験豊富な医師でないとできないとか。



もう、そんなの読んだ時点で、ぴよこの心は「外回転術をしない」に
傾きまくってました。

だって、赤ちゃんって、産まれてくるだけでも大変そうなのに、
わざわざそんな負担かけなくたっていいじゃん。
それなら大人で体力のあるぴよこが、ちょっと痛いの我慢した方が
いいじゃん。

赤ちゃんが元気で産まれてくるのが何より大切だもん。



たっくの意見も、概ね同意見でした。

ただ、たっくとしては、帝王切開でお腹を切るのはひよだから、
たっくが気安くどっちとは決められないと。

そういえば、たっくは「手術」というものをした事がない。
すごく大変な事に思えるのかも。



ぴよこは、18歳の頃、1度だけ手術をした事があります。
『右股臼蓋形成不全』といって、骨盤と大腿骨の噛み合わせの
部分(臼蓋)が小さい不具合で、そのまま問題なく生活できる
場合もあるのですが、ぴよこは高校生の時に噛み合わせがずれて
しまいまして。
自骨を臼蓋に移植する手術を受けました。

全身麻酔だったので覚えていませんが、手術時間は4時間半
かかったそう。
術後は胸下から足首まで石膏ギプスで固定、自分では寝返りも
できない状態で1ヶ月半。松葉杖なしで歩けるようになるまで
半年かかりました。


帝王切開は、ネットによると、手術時間1時間弱、長くても2時間。
手術の次の日には歩けるらしい。


ぴよこからすれば、痛くても動ける方が遥かに幸せ。
あの手術で頑張れたんだから、帝王切開はむしろ楽勝っぽいと思える。


母や姉にも話したのですが、やはり同じ母親、
「赤ちゃんの無事が一番」の意見。



そんな訳で、9日は外回転術をお断りしてきました。
20日の帝王切開手術、決定です。



帝王切開と決まってしまえば、あとはいっそ気楽。
塩分とカロリーに留意しながら、ひたすら食べたい物を
「今のうち!」と食べ歩く毎日です(笑)

出産予定日より2週間も早く産まれる事になったので、まだ
揃え切っていなかった赤ちゃん用品を大慌てで揃えました。

あと、無駄な足掻きと解っていますが、赤ちゃんに毎日「頭を下に
するんやで〜」と語りかけ(笑)




余談ですが。

産婦人科医系のブログやサイトでは、外回転術について危険性を
指摘する意見が多かったのですが、それに反して、案外気軽に
外回転術を試す(または試したい)妊婦さんのブログやサイトも
多かったのには驚きました。
中には「3回試したけどダメだった」という方も!

で、もっと驚きなのが、外回転術をしてまで自然分娩にこだわる
理由が「手術の後が残るのが嫌」。

はぁ!?

意味わかんない。
赤ちゃんが無事なのが一番じゃないのかなぁ・・・
posted by ぴよこ at 23:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 妊娠!?結婚!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月12日

最後の最後に・・・

出産予定日を3月6日に控え、1月末より実家に里帰り中のぴよこです。

やっぱりキュート

姫は相変わらずキュートです黒ハート

最近すっかりたっくにも慣れ、ぴよこが毎日いるのにも慣れ、
幸せな日々を過ごしております。

やっぱり猫はイイ。




さてさて、先日、お腹のベビーは逆子という話をしましたが、あれから
相変わらずベビーは逆子のままです。

ぴよこも相変わらずのんきで、特に気にもせず、2月7日に帰省後
初の妊婦検診(36週)に行ってきたのですが…


お医者様曰く。

 医師 「逆子ちゃんですねぇ。
     赤ちゃんも大きくなってますし、頭が子宮の右上にしっかり
     はまり込んでいるので、多分逆子体操とかしても、
     戻る事はまずないと思います。」

そうなんや・・・・・
残念・・・・・

 医師 「逆子でも普通分娩する病院もあるんですが、赤ちゃんの頭が
     最後に出てくるとなると、やはり低酸素症などのリスクが
     出てきますので、うちの病院では帝王切開になります。」

まぁ、それは姫路の病院でも言われてたので。

 医師 「帝王切開の場合は、普通38週には手術するので…」

・・・・・え?

 医師 「火曜日と木曜日が手術日なので、え〜っと…
     (手術スケジュールを見ながら)今月20日しか(空きが)
     ないですね。」

はぁ!?
き、聞いてないし!!
あと2週間しかないし!!!

 医師 (固まるぴよこを見て)
     「あちら(姫路)の病院で何も聞いてませんか?」

 ぴよこ 「逆子のままなら帝王切開って話は聞いてたんですが、後は
     里帰り先の病院で相談して下さい、みたいな話しか…」

 医師 「・・・・・そうですかたらーっ(汗)
     帝王切開の場合は、予定日より早く、38週ぐらいで
     手術するのが普通なんですよ。もちろんそれまでに破水や
     陣痛が起こってしまった場合は、手術日を待たずに
     その時点で緊急帝王切開になります。」

そうでしたか・・・・・

 医師 「あと、『外回転術』と言って、外部から無理矢理力を加えて
     逆子を治すという手法もあるんですが…」

あ、それネットでチラ見した事ある!
してみたいかも!!

 医師 「それをしたからといって、必ず治る訳ではないですし、特に
     初産婦さんの場合は、子宮が硬いので回らない事が多いです。
     また、外から無理矢理力を加えて回す訳ですから、赤ちゃんの
     心拍が落ちて危険な状態になる事もあって、その場合は、
     その時点で即緊急帝王切開になります。
     破水や胎盤剥離などが起こる可能性もありますし、その場合も
     同じく緊急帝王切開になります。
     あと、お母さんが術後具合が悪くなる事もありますので、術後は
     1泊入院してもらって、様子を見る事になります。」

・・・・・それ、色々と危険なのでは??

 医師 (再び固まるぴよこを見て)
     「まぁ、お一人で今すぐは決められないと思いますので、
     ご家族の方と相談して、9日にどうするかお返事
     もらえますか?」

はぁ・・・・・

 医師 「で、もし外回転術をする場合は、9日にそのまま施術、
     入院しましょうか。」

はぁ!?

 医師 「なので、もし外回転術される場合は、入院準備してきて
     下さいね。
     詳しくはこの後看護婦さんより説明がありますので・・・
     あと、今日、手術に必要な血液検査と、心電図、肺レントゲンを
     撮って帰ってもらえますか?」

・・・・・・・・・・

それって・・・・・

早ければ、明後日にはママって事!?



つわりは大した事なく、切迫流産も切迫早産もなく、これまで
「こんなに楽でいいのかしら?」と思うほど、大変順調に
経過してきた妊娠生活でしたが・・・


最後の最後で、ちょい動揺なぴよこでした。あせあせ(飛び散る汗)
posted by ぴよこ at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠!?結婚!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月18日

逆子

うちのベビーは逆子です。


医師には言われてませんでしたが、動くようになった5ヶ月頃から、
ほぼずっと逆子だと思うんです。
いつも膀胱蹴られて困ってたので。

本当に困るんですよ。突然尿意を催すから(笑)

新婚旅行はマイカー移動だったんですが、高速道路で、まだトイレは
大丈夫と思ってSAをスルーした直後、ベビに膀胱蹴られてトイレに
行きたくなるなんて事態、何回あった事か・・・



まぁ、7ヶ月頃までの赤ちゃんは胎内でよく向きを変えるそうなので、
逆子でも全く問題ないらしいのですが・・・


28週(7ヶ月)の検診でもまだ逆子だった為、「逆子体操」をする事に。

「逆子体操」。
どのようなモノかと言いますと・・・

こんなポーズを1日5〜10分×朝晩2回。

まぬけに見えますが、デカイお腹でやると相当キツイ。

実際、「この体操してるとお腹が張る事もあるので、その時は回数
減らして様子みてね」と注意される位、キツイ。



でも、こんな意味があるのかないのか分からないような体操で、
本当に4日ぐらいであっさり逆子が治ったんですよ。

「なんて聞き分けのいい、素直な赤ちゃんなんだろう♪」

と、喜んでいたら・・・・・



年末あたりから、また膀胱が蹴られてる気が・・・
「ま、まさか・・・・・」


32週(8ヶ月)の検診で、また逆子って言われました。
やっぱり。

しかも、今度は1週間逆子体操しても治らなかったたらーっ(汗)



ぴよこは「たっくに似てマイペースなんやわ」と言い、
たっくは「キミに似てガンコなんや」と言う。


「逆子」って言うと、母親学級では助産師さんが「初めてのお産で逆子は
心配ねぇ。早く治ればいいのにね。」と言っていた。
いろんなブログやサイトには、「逆子で不安」という妊婦さんのコメントが
たくさんあった。

が、実際ぴよこは全く不安を感じていないし、心配もしていない。
だって、不安を感じても、心配しても、逆子は治らないだろうから。

そんなんで治るなら、いくらでもハラハラドキドキするけど(笑)


ちなみにたっくは、毎晩時計とにらめっこしながら一生懸命
逆子体操するぴよこの横で、毎晩のび太クン並の速さでいびきを
かいている。

体操中ヒマなので、たっくが布団に入ってからいびきまでの
平均時間を計ってみた。

約3分だった。すごい。



そんな2人の赤ちゃんだから、逆子なのもなんだか納得(笑)
posted by ぴよこ at 16:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠!?結婚!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月09日

貧血

最近貧血なぴよこです。



年末、食後に食器を洗い終え、コタツに入ってしばらく
座っていると、マジ貧血を起こしまして。
「あ、ヤバいなぁ」って思ってすぐ横になったのですが、
20分ぐらいは復活できませんでした。

たっくが、貧血の人を目の前で見たのが初めてだったようで、
唇の紫色度合いに大変驚いていました(笑)



最近低カロリー・低塩分に留意し、カルシウムや、バランス良く
栄養を摂る事には気を遣っていたにも関わらず、鉄分の事は
すっかり失念していた事に気付きまして。

ところで、「鉄分」を多く含む食材って?
早速ネットで調べてみたら・・・・・

「レバー」「ほうれん草」「牛肉」「ひじき」「枝豆」

好き嫌いの多いぴよこ、この中で好物といえば生レバーのみ(笑)
ほうれん草と牛肉は、それなりに普通に食べられるけど・・・
枝豆はできれば食べたくないし、加熱したレバーとひじきは
死んでも食べたくない。


これで毎日の鉄分補給ができるのか!?



ついでにネットで調べた所。
妊娠8ヶ月頃〜は赤ちゃんが急激に大きくなり、その赤ちゃんに
栄養を届ける為、妊婦さんの血液量は、非妊娠時の1.5倍になるそう。

でも、血を作るのが追いつかない場合、とりあえず量を補おうと、
薄い血液を作っちゃうんだそうで。
赤血球が少ないから、酸素が十分送れず貧血になり易いんですって。

さらに。
大きくなった子宮が横隔膜や肺の辺りまでせり上がってきて、
圧迫するようになるので、呼吸が浅くなり、酸素を十分
取り入れられなくなるのだとか。
そのせいで、ちょっとした運動でも動悸が激しくなったり、呼吸が
荒くなる事があるんですって。

そういえば、年末前後から、突然心臓がドキドキなる事があるんですよ。
特に食後は必ずと言っていいほど、すごい動悸でちょっと辛い位。
どっちかっていうと、高血圧(妊娠中毒症)を心配していたんですが、
貧血のせいだったんですね。


ますます鉄分を摂る必要がある訳ですが。



年末は、焼肉屋に行って生レバー食べました。
年始から、頑張ってほうれん草を毎日食べてます。
鶏&豚LOVE★⌒ヾ(^-'*)なぴよこですが、牛肉も時々食べるように
しています。

が・・・・・

マジ貧血は年末以来起こしていないものの、動悸は相変わらず。
ダルい感じはなくならないし、とにかく常に眠い。
買い物に行ったり、お風呂に入ったりしていると、時々目の前を「星」が
飛んでいる。

コレって全部貧血のせい??

鉄分を摂るって、意外と難しいのですね・・・


とにかく動くのが辛いのです。
たまに、座ってるのも辛いのです。
洗濯、ゴハンの準備と後片付けぐらいはなんとかこなしていますが、
お陰で、最近部屋は散らかったまま。


できればサプリメントに頼らず、何とかしたかったのですが・・・
いつまでもそんな事言ってられないしたらーっ(汗)


ま、明日は妊婦検診なので、医師に相談してみましょう。
posted by ぴよこ at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠!?結婚!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月19日

結婚式までの道のり

11月17日、無事結婚式が終わりました。

思えば、本当にドタバタだったんですよ。
よく挙式まで辿り着いたなって感じで。


7月下旬に妊娠が判明し、結婚式を挙げようと決めたまでは
良かったが、のんびりマイペースなたっくとぴよこ、
その後が全然で。

大阪から姫路に出向きながら、なんとか式場と挙式日を決めたのが
8月中旬。
健康保険や年金の都合を心配しながら、慌てて入籍したのが
8月下旬。
結婚指輪もこの頃購入。

招待状を印刷してもらい、刷り上がったのが9月頭。
その後、たっくが招待状をうちに発送するのが遅れたのと、ぴよこの
宛名書きが遅れたのとで、招待状を発送できたのが9月中旬。

安定期に入り、ぴよこが姫路に引越したのが9月末。
これで式場に足も運び易くなり、一安心。
(↑コレが油断に繋がったかも。)

結婚式のドレスを試着し、決定したのが10月始め。
式場と打ち合わせをし、装花や料理、引き出物、おおまかな
オプションを一応決定したのもこの頃。

ここまでは、多分ぴよこ達にしては順調な方で。

式まであと1ヶ月となった10月中旬。
ぴよこのヘアや、たっくの衣装が決定したのがこの頃。


まぁ、何が大変って、たっくの部屋の片付けが大変で。
結婚式までになんとか片付けたいと、部屋の掃除に没頭していたのが
いけなかったのか・・・
(結局式までに片付かなかったし。)

まぁ、披露宴のオプションなんかも、相当色々悩みましたし。

うち側は、まぁ既に結婚している姉・従弟妹もいるし、ぴよこの
結婚式ぐらい適当か、いっそしなくてもいっかって感じなんだけど、
たっくが長男で、しかも多戚の中で初の結婚だって言うから、さぁ大変。


ぴよこの妊娠が分かる少し前に挙式した従弟がいたんですよ。
当然父や祖母も招待されて行ったんですけど。
若者らしく、全部自分たちで手配して、自分たちの力で結婚式を
したのですが、父曰く、料理はあんまりだったとか。
引き出物はカタログギフトだったのですが、何を貰うか悩む程
良い物がなくてたらーっ(汗)

たっくの親類に、そんな風に思われたら大変あせあせ(飛び散る汗)
それでなくても、5歳も年上な嫁で、しかもできちゃった結婚なのにたらーっ(汗)たらーっ(汗)

まぁ、体裁はさて置いても、せっかく結婚式に来てもらうんだから、
美味しいお料理食べて、ゆっくり楽しんでもらいたいってのが本音。


たっくは、体裁的なものは全然気にしてなかったみたいなんですが、
美味しいお料理食べて、ゆっくり楽しんでもらいたいって点では
同意見で。
お料理や引き出物等、ひよが金額と内容を見ながら悩んでいると、
横から気持ち良〜く「コレで」と、高めのモノを指差してました。

たっく、かっこいい・・・・・ぴかぴか(新しい)


11月始めに、装花を高いのに変更。
見積もり、ジリジリ上がる上がる(笑)。

でも、今回のぴよこ達のように、式場決定から挙式までの期間が
短い式ってのは、式場からすると、式の予定のない日に飛び込みで
収入がある訳だから、とってもオイシイようで。
大阪人なぴよこが厳しく叩いた甲斐もあり(?)、特に平日ってのも
あって、相当色々こっそりサービスしてくれたんですよね。
会場費が半額だったり、ドレスや小物が安かったり、ケーキや
いくつかのオプションがタダだったり・・・・・

だから、内容と金額から考えると、かなり安くついたのです。
マジで。
ぴよこ側の来賓が、大半大阪、他は東京・福岡・和歌山と遠方ばかり
だった為、お車代やバスの手配に若干お金がかかりましたが、
それを考えなければ、最終的な支払いは、頂いたお祝儀と
ほぼトントンで済みました。

今回ぴよこ達は、親しい友人と身内だけという事で、50名と
少なめの人数での披露宴でしたが、人数が増えれば新婚旅行代も
出るかも知れません。
チャペル式でなく人前式にすれば、もっとリーズナブルで済みますし。


さてさて、式の準備は、この頃から佳境を迎えます。

この頃に、チャペル式の予行をし、司会者と打ち合わせをして式の
進行を決定。
媒酌人ナシの結婚なので、新郎新婦の紹介も、自分達で考えないと
いけない。

11/10までにFAXするよう司会者に言われてた「新郎新婦紹介」と
「スピーチ・余興の人のプロフィール」、出来上がったのが11/10、
FAXしたのが11/11。
ぴよこが11月頭に提出済みの「司会者用 新郎新婦の
インタビューシート」、質問に対して、たっくはあまりに空白だらけで
返却され(笑)、なんとかやっと再提出したのも11/11。

挙式まで一週間なのに。
もう、かなりヤバイ。


披露宴の最後の方によくある「花嫁から両親への手紙」。
うちは両親出席だけど、離婚してるし、なんだかお涙頂戴みたいで
イヤだから、司会者との打ち合わせで「しません」と言っていたのを、
やはりしようと変更したのが挙式の4日前。

ぴよこが妊娠中なので、のんびり国内で新婚旅行に行こうと、
ずっと前から決めていたのだが、11/21〜4泊の予定なのに、
旅館の予約を取ったのが11/14。

たっくが披露宴の最後にしゃべる「新郎謝辞」を考えたのが、
式の2日前。
ぴよこが「両親への手紙」を考えたのも、式の2日前。
ちゃんと便箋に清書したのは前日夜(爆)。

披露宴のBGM、候補はずっと前からあったのだが、実際にどの曲を
どの場面で流すか決め、MDにダビングし、式場に持ち込んだのは
式の前日。

もうグダグダ。

色ドレスに合わせてネールチップを買ったのが式の2日前。
チップを爪に貼ったのは前日夜中。


それでも、当日は「今まで出席した中で一番いい結婚式だったよ!」と
親類に言って貰える結婚式ができた。

自分でも結構楽しめたし、思いの外いい結婚式だったんじゃない?と
マジで思った。

すげぇ・・・・・



そんな訳で、ここ一週間はブログを全くUPしていなかったので
あります。



今日は長くなったので、式当日の様子なんかは、後日ボチボチ。

とりあえず、今回学んだ事。

「例えのんびりマイペースな二人で、
準備期間が全然なくても、
披露宴をしようと思えばなんとかなる。」



この教訓を、ぴよこが次に役立てる機会はないと思いますが、
もし悩んでる方がいたら、是非やってみて下さい。
posted by ぴよこ at 16:04| Comment(3) | TrackBack(0) | 妊娠!?結婚!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月11日

妊娠23週

昨日は妊娠23週の検診に行ってきました。


前回20週の検診から今回の検診まで3週間、なんと、
ぴよこの体重増加は2.3kgあせあせ(飛び散る汗)


原因ははっきりしてるんです。

1.結婚・引越し、4人暮らしから2人暮らしになったが、未だ2人分の
  分量に慣れず、作り過ぎる。つい、全部食べる。
2.ここ最近、たっくと二人で姫路や大阪の親戚宅にお伺いする機会が
  多く、めでたい挙式を控えた二人に、拷問のような茶菓子&食事が
  出される。当然、残せない。
3.食欲の秋で、ゴハンがおいしい。


妊娠前からの体重増加が、つわりで2kgほど体重減したお陰もあり、
今の所、妊娠前からの体重増加は2.8kgなんですけどね。

23週で+2.8kgなのに、この3週で+2.3kgって、
かなりヤバイでしょ?

正確に言うと、つわり終了後の体重増加がヤバイ。
11週で+4.8kgだもん。


色々と気をつけてるつもりなんだけどなぁ。
ジュースは絶対買わずに、家ではいつもお茶飲んでるし、
おやつの買い置きはモチロンしない。
お米には必ず五穀米や押麦混ぜてるし、お味噌汁には野菜がたっぷり。

あとは、買い物の度にたっくにつられて買ってしまう、ケーキ類かな…


運動も足りてないのかな???
食料品の買い物は毎日行く訳じゃないし、行くって言ってもマンションを
出てからわずか20歩程度で着くスーパーじゃ・・・

ウォーキングとか、何かした方がいいのかしら??


そう言えば、こないだ並んで転がってる時に
発見しちゃったんですけど…
たっくってかなり痩せてる方の男性だったのですが、最近お腹に、
なんだかぽっこりとしたモノがあるんですよねぇ。

ぴよこ、昔からおかずは足りないとイヤだから多めに作るクセがある。
「残ったら次の日のお昼に食べよ♪」と思うのですが、残らない。
たっくって、出された物は、苦しくても律儀に全部食べる人らしい(笑)

夫婦揃ってカロリー考えなきゃ、だな・・・・・


そう言いながら、今日・明日とたっく休みだし、また買い物行って、
お昼は高カロリーな外食して、帰りにはケーキ買っちゃうんだろな…

スリムな姫を見習いたい・・・・・


姫からの教訓
posted by ぴよこ at 16:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠!?結婚!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月01日

掃除

ぴよこは引越後、ほぼ毎日ちまちまと掃除している。
長年たっくが累々とゴミと汚れを溜めてきた部屋は、
はっきり言って手ごわい。

チラッっと見て、手を着けるのが一番怖かったのが、クローゼット。
これまでずっと後回しにしてきたが、このままでは結婚式までに
片付きそうにない。

仕方がないので、昨日から頑張っている。



クローゼットは予想通りにすごかった。

まず、コート類。
5年以上付き合ってきたぴよこが見た事もないコートやジャケットが
ギッシリ。
押入れとクローゼットの要らない服をたっくに捨てさせたら、
45ℓのゴミ袋で、押入れ2個分+クローゼット4個分の、
合計6個になった。
ありえない・・・・・

クローゼットの足元にある袋類を開けると…
ゲームソフトとCD・DVDがギッシリ。
しかも、ディスクの大半はケースに入っておらず、剥き出しのまま。
ケースに入っていても、ケースのタイトルと中身のディスクが
合ってない…
更に、剥き出しのディスクはもちろん、ケースはなぜか中まで
ホコリだらけ…
コミック本も、ホコリが被ったまま紙袋に突っ込まれていた。


いつも「たっくは全然掃除しない!」と冗談ぽく怒ってるぴよこだが、
昨日はさすがに腹が立ってきた。

ぴよこは、この部屋に引越してくる1〜2ヶ月前から、
「頑張って掃除してね。でないとぴよこの荷物運べないから」と
お願いしていたのだが、彼がしたのは、ぴよこの荷物が運べるよう、
自分の荷物をそこらへんに突っ込んだだけのようだ。


彼は「掃除」とは何かを理解できていなかったらしい。


どうして「要らない物は捨てる」「要る物は出したら戻す」という
単純な作業ができないのかが、ぴよこには分からない。

たっくに言わせると、
「だって面倒くさいんやもん。後でまとめてやればいいやん」。
ぴよこに言わせれば、後でまとめて片付ける方が大変で面倒臭い。

いや、それ以前に、たっくの場合後でまとめてやってないし。



一人ブツブツ言いながら、ホコリを拭き、ディスクのケースと中身を
合わせ、収納袋に入れ…

ようやくクローゼットが空いた。
ここに普段使わないゴルフバッグ、ギターやアンプ、扇風機を
収納するつもり。
なのだが・・・・・



扇風機…
タバコのヤニとホコリで、大変な事になっていた。
「扇風機って、こんなに分解できるんだ♪」って位まで扇風機を
分解して洗剤で洗わないと、拭くだけでは取れない汚れが
ビッシリだった…

黒いゴルフのシューズバッグは、白いカビで水玉模様になっていた。
ベランダに放り出したが、多分コレは捨てるだろう…


ここまでくると、なんだかもう可笑しくて、笑えてきた。
何年も一人暮らししてて、ここまで放置できるってのも、
ある意味すごい。
なかなかできる事じゃない。


結局、夜11時過ぎに仕事から帰って来たたっくは、ぴよこに
説教されずに済んだ。
クローゼットの大惨事は訴えたが、笑い話で終わっておいた。

なんか、説教してもムダっぽいし。
なんとか自力で片付きそうだから、まっ、いいか!みたいな。




今朝は一般ゴミ&粗大ゴミの日だったので、ゴミを捨てようと
朝7時半に起きたら、一般ゴミ1袋+衣類ゴミ5袋+段ボール1束
+雑誌2束が全部なくなっていた。
ぴよこが寝てる間に、たっくが一人で出してくれたらしい。


まぁ、そんなたっくだから、多少掃除ができなくったって
大目に見てあげようと思っちゃうんだけど。



基本的な性格は大雑把だが、気になり始めると止まらないぴよこ。
複数巻ある本は1巻から順番に並んでいないと気が済まないし、
家具がフローリングの板目と水平になってないとイヤで直すぴよこ。

そんなぴよこを見て、いつも笑うたっく。
仕事が終わって帰ってくると、居間に脱いだ服・ズボン・靴下を
放置し、何度「洗濯機に入れなさい」と言っても、3日坊主で
元に戻るたっく。

DVDを洋・邦・アニメに分けて整理しているぴよこを見て、
たっくは「人間もっと楽に生きなアカン」と言うが、
キミはもっと頑張って生きなアカンと思う。


横着極まりないたっくに、やや潔癖気味のぴよこ。
これでも同じA型とは、血液型占いもアテにならないものだ。

でも、こんな2人だから、案外コレでちょうどいいのかも知れない。
posted by ぴよこ at 14:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 妊娠!?結婚!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月16日

腹帯

昨日、12日の戌の日に腹帯をもらいに行った話をしましたが…

実はその数日前からお腹の張りと腰痛がだんだん悪化してきており、
そこに無理して腹帯をもらいに行ったせいか、12日の夜はお腹と
腰が痛くて、座っているのもツライほどでした。

子宮がきゅ〜っと収縮する感じ?がして、本当に心配だったのですが、
お腹で赤ちゃんは元気に動いていたので、ちょっとホッ…

安産祈願に行って、お腹痛くなってたら、
何してんだか分からないですねあせあせ(飛び散る汗)


たっくが、12日が夜勤明け、さらに13・14日と連休だったため、
2日間はほとんど家事もせず、楽をさせて頂きました。

とにかくお腹を温めて、なるべく家でのんびりしていると、
お腹はどんどん楽に。

原因は全く不明です。
最近、引越後の片付け等で頑張り過ぎていたせいでしょうか?
たっくの夜勤5日間、横着してお風呂にお湯を入れず、シャワーのみで
済ませていた為、お腹が冷えてしまったのでしょうか??


まぁ、そうこうしてお腹の不調もほぼ収まりつつあった14日、
姫路に引越してきてから初の妊婦検診に行ってきました。

市立貝塚病院(ぴよこが大阪で通っていた病院)からの紹介状を
持って、11時頃に新日鐵広畑病院に到着。
終わったのが何と、16時半・・・・・バッド(下向き矢印)たらーっ(汗)

いくら総合病院で予約ナシでも、コレはヒドイ・・・・・
産婦人科の医師曰く、「こんなに混むのは久しぶり」って位の
混みっぷりだったらしいのですが…

はっきり言って、収まりかけてた腹痛と腰痛が再発しかけました。


新日鐵広畑病院は、病院全体の規模の割には、産婦人科が
小さかったように思います。
市立貝塚病院の半分ぐらいでしょうか?
外来の医師は1〜2人/1日(14日は1人)、待合室の席数も
30席ない位でした。

多分、貝塚周辺と違って、姫路は個人の産科医も割とたくさんあるので、
そんなに大規模にする必要がないんでしょうね。


ベビーはすくすくと育っていました。

16週3日

まだスキャナを接続していない為、携帯で撮った写真で
見づらいですが…

ベビたんの顔(正面)です。
胸から上の部分で、横になってます(左側が上)。
胸の前で手をギュッとにぎっています。
もう目や鼻がはっきり分かります。

すっかり人間の形になりました。
すげ〜…

でこっぱちっぽいので、きっとたっく似の女の子でしょう♪



さてさて、今日のタイトルがなぜ「腹帯」かと言うと…

うちの親が、4ヶ月過ぎた頃から「腹帯しろ」とうるさかったんです。
「病院でいつ頃腹帯して下さいって、言われんかった?」と母は
言うのですが、市立貝塚病院では一切言われてなかったんですよね…

まぁ、母がうるさいのと、ネットなんかでも「腹帯をしましょう」みたいな
事を書いてあったので、とりあえず市販の、マジックテープで
留める簡単装着タイプの腹帯を購入しまして、ここ最近ずっと
着けていたのですが。

なんと、新日鐵広畑病院で注意されました。
「腹帯は、医学的には意味がないので、当院では着用の指導は
していないんですよ」

なんと!!!
意味ないんや…


姉が出産した7年前は、病院で「そろそろ腹帯して下さい」って
指導されたらしい。
7年で色々変わるんですね…

そういえば、姉が出産した時は、母子手帳が必要になったのは
4ヶ月頃からだったそうなのですが、ぴよこは9週の時点で
母子手帳をもらうよう言われました。

また、姉が妊娠中は、妊娠中や授乳中に卵や牛乳を摂ると、
産まれてくる子がアトピーになると言われていたそうですが、
今は注意するのは授乳中のみで、妊娠中の摂取に関しては問題ないと
言われています。

たった7年でこれだけ違えば、母の言う事は一体どこまで
あてになるんでしょう…?


で、14日以降は腹帯をしてない訳ですが…
時々あった腹痛がなくなった気がします。
きつく締めてたつもりはないのですが、元々冷えやすいぴよこ、
ちょっとした圧力で血行が悪くなり、冷えていたのかも知れません。

ずっと立ってると腰が痛くなるのは相変わらずですが。
これは、重くなるお腹を支えているせいだから、仕方ない。


まぁ、そんな訳で、12日に中山寺でもらった岩田帯も、
本当にただの儀式用となりました…
posted by ぴよこ at 14:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 妊娠!?結婚!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月15日

戌の日

昨日届いた新しいラブソファーがあまりにも気持ち良くて、
夫婦揃って今日朝から昼寝してしまい、危うくたっくを仕事に
遅刻させてしまう所だったぴよこです。

たっくに「12時に起こしてね」って言われてたんですが、いつの間にか、
お昼ごはんも作らず、たっくの横で寝ちゃったみたいで…
たっくは当然お昼ごはんを食べる時間もなく、コンビニ弁当を買って
仕事に行きました…あせあせ(飛び散る汗)


なんか、ここ2〜3日ブログに書きたい事がイッパイあった気が
するのに、たっくが休みだったので全然ブログを書いていませんでした。


最近、物忘れが激しいんですよね…
妊婦ってそんなものらしいですけど、本当に、びっくりするぐらい
忘れます。
そう言ってる今でさえ、「あれ?今日何書こうと思ってたっけ…?」
みたいな感じだったりします(笑)。

まぁ、思い出す範囲で書きましょう。(~-~;)ヾ(-_-;) オイオイ...




12日は「戌の日」だったので、宝塚市の中山寺に腹帯を頂きに
行ってきました。
ココ、関西では(全国的にも??)安産祈願のお寺としてかなり
有名らしいです。

12日、実は仏滅だったんですけどね(笑)
たっくの休みの都合もあるし、そんな事言ってたら戌の日に行けそうに
ないし、実際全く気にならないので、ゴキゲンで行ってきました♪


まずは「戌の日」のいわれから。
犬は多産でお産が軽い事にちなんで、日本では古くから、
5ヶ月目最初の戌の日に、安産を願って、腹帯(岩田帯)を巻いて
祝う習わしがあります。

5ヶ月目最初の戌の日って、実は9/30だったんですけど…
「あ、今日5ヶ月目最初の戌の日だった!」って気付いたのが、
9/30の夜だったんですよね(笑)

まぁ実際の所、仏滅を気にしないたっくとぴよこは、こういった
古い慣習も特に気にしてはいないんですが。
初出産なので、しないよりはした方がいいかな、的なノリで…


行く前は、「安産祈願の祈祷料は、新札じゃないとダメ!?」とか、
「のし袋の表書きはどうしたらいいんだろう?」とか、たっくと
二人で色々悩んでいたのですが、実際行ってみたら、受付用紙に
必要事項を記入し、祈祷料7千円(裸で)を添えて受付窓口に渡すだけ、
という、なんとも事務的な作業で済みました。
その日は実際に祈祷がある訳でもなく、祈祷はお寺の方で10日間
やっときます、後でお札を郵送しますね、みたいな感じ。
お守りと腹帯を頂戴して帰るだけという、大変あっさりした物でした。

2万円の「安産特別祈祷」ってのを申し込めば、当日の祈祷所にて
ご祈祷を受ける事ができたようですが。
そこまでしなくてもいいだろう…と、帰ってきました。


さてさて、この「戌の日」、もちろん目的は安産祈願なんですが、
ぴよことたっくには、もっと別の楽しみがありました。
それは…

『腹帯に書かれている性別』!!

腹帯のシステムを簡単にご説明しますと…
お寺で腹帯をもらうと、安産の暁には、新しい腹帯を持って
お礼参りに行きます。
そこで奉納される新しい腹帯は、お寺で安産だった子供の干支と
性別を書かれ、次の安産祈願に来たお母さんに渡される、という
サイクルになっているんです。

これは言い伝えやジンクスの類で、根拠のある物ではないのですが…
お寺で頂いた腹帯に書かれている性別と逆の性別の子供が産まれる
という言い伝えがあるんです。

ぴよこの周りでは、90%以上の方が、腹帯と逆の性別の子が
産まれたそう。
これって、確率統計学の見解からいうと、ものすごい確率ですよね!?

で、ぴよこの周りで唯一外れたケースが…

うちの母。
ぴよこが産まれた時だったらしい(爆笑)


姉の時とつわりも違うし、腹帯の性別は女だし、絶対男の子が
産まれるって信じてたんですって。
だからこんな男前な性格の女の子になっちゃったのかしら???(笑)


まぁ、ぴよこの話は置いといて。

たっくは男の子希望、ぴよこは女の子希望で、いつもどちらも
譲りません。
いつもラチがあかないので、腹帯で対決する事になりました。

で、頂いてきた腹帯は、結局どうだったかと言いますと…

腹帯

「申年男」♪

小躍りしました♪

たっくは「い〜や、絶対男や!!」と、結局譲りませんでしたが(笑)

まぁ、「腹帯の言い伝え」を無視して女に産まれてきたぴよこの
子供なだけに、言い伝えが当るのかどうかもカナリ怪しいですけどね。

乞うご期待!!


腹帯は、モチロンその日のうちにありがたく巻かせて頂きました。
たっくと二人、四苦八苦しながら巻きました。
いまいちユルユルで、意味ナシぽかった…
まぁ、儀式だからよしとしよう。あせあせ(飛び散る汗)
posted by ぴよこ at 15:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 妊娠!?結婚!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。