2009年07月27日

芽依出産4(退院後の生活と余談)

今回は、退院後のお話と、余談なんかをしようと思うのですが・・・

退院後はブログも書き始めてるので、
改めて書く事もあまりないですけどね(笑)



さて、退院後は実家で過ごした訳ですが、
うちの実家って古い日本建築でね〜
結構色々苦労もありました(⌒∇⌒;A

一番はやっぱり、すきま風がとにかく寒い!!
特に沐浴の時なんかは、室温に本当に気を遣いました( ̄ー ̄;
風呂場やキッチンで沐浴なんて寒すぎて絶対無理。
居間でエアコンと灯油ストーブをガンガンつけて、
開腹の痛みの残るお腹でめる子とベビーバスを運び、
中腰で沐浴、そして片付け・・・
という毎日でした。

寒くて洗濯がなかなか乾かないので、赤ちゃんの洗濯物は室内干し。
暖房を入れるので、ある意味加湿になって良かったけど(笑)


そんな、結構苦労をしたように思える実家での日々でしたが、
姫路に帰ってからの生活に比べると、断然ラクでしたね。
める子や家族がいてくれたから。

姫路に帰ってからは、たっくが仕事の間は芽依と2人きり。
芽依は、寝ても置いたら目を覚まして泣く子だったし、
おっぱいはダラダラ飲みですぐにお腹が減って泣くし・・・
とにかく寝不足でした。
マンションで近所迷惑もあるから泣かせておく訳にもいかず、
抱っこしてたら本当に何もできなくて、
家事が全くできない事にイライラしたり。
初めての育児で、慣れない事ばかりだったせいもあるんでしょうね。

だから、姫路に帰ってきてから
芽依がそれなりに1人遊びできるようになるまでの1ヶ月間って、
ブログは全然書けなかったし、とにかく必死だったので
正直どんな生活してたかよく覚えてないんですよね( ̄ー ̄;
ただひたすら大変だった、しんどかったという記憶だけ。


そんな事を考えると、
2人目はきっと、もうちょっとラクなんじゃないかと思います。
産後は母が(時々める子も)来てくれるし、
新しい家で何かと勝手もいいし。

やっぱり問題は母が帰った後かな?(゜ー゜;A
芽依次第で、かなり違ってくると思うけど・・・

いいお姉ちゃんになってくれますように・・・(;´∀`人)



さて、ここからは余談です。


帝王切開後に思った事なんですが・・・

ぴよこ、この帝王切開で子宮筋腫が見つかりましたよね。
たまたま取り易い形でできていたので、
幸い帝王切開のついでに取ってもらえました。

もしかしたら、芽依がお腹の中で
「ママ、筋腫があるよ」ってぴよこに教える為に、
逆子で生まれてくれたんじゃないかと思うんです。
一度逆子が治ったにも関わらず、
何が何でも逆子に戻って生まれてきましたからね〜(笑)

ありがとう、芽依♪(*^.^*)


そして最後に・・・

6〜10人の産婦さんに1人は帝王切開だと言われる
今日この頃ですが、実際には身近に帝王切開の経験者がいる人は稀。
みんな帝王切開についての知識がありません。

なので、悪気はないのですが、
「帝王切開って、麻酔で痛くないからラクだよね」とか、
「健康保険きくから安くついていいね」なんていう、
心ない事を言ってくれるお友達も、ごく少数ですが、いました。

でも、実際は後々が痛いし、産後の回復もとにかく遅いし、
退院後の生活なんて家族の助けなしにはこなせません。
実際に病院に払う費用だって、
いくら健康保険がきいても普通分娩よりは高いです。

費用に関しては、入院保険に入っていれば別かもしれませんが、
たまたま入院保険に入ってなかったぴよこの場合は、
今後条件付でないと入院保険に入れないという困った事に。

普通分娩の産婦さんが普通に経験できるいくつかの事を、
帝王切開では経験できない淋しさもあります。

別に帝王切開に引け目を感じたりはしませんし、
普通分娩の産婦さんよりラクをしたり、
頑張っってないという事は絶対にないと思っています。
(普通分娩を経験しておらず、普通分娩の大変さが分からないので、
あまり偉そうな事は言えませんが・・・)
でも正直、普通に産めるものなら産みたかったと思いますよ。
帝王切開後の経膣分娩(VBAC)だって、本気で調べましたもん。
(安全面を考え、2人目も帝王切開の決心をしましたが)

だから、もし周りで帝王切開をしたというお友達がいたら、
「頑張ったね」「大変だけど無理しないでね」と、
いたわりの言葉をかけてあげて下さい。
決して、「ラクでイイね」とか言わないであげて下さいね。



以上で、長々と続いた帝王切開のお話は終わりです。
な〜んか書き忘れてる事もありそうだけど・・・

ぴよこはずっと書きたかった帝王切開の記録を書けて大満足(笑)
2人目は芽依の時と違う事も多いから、
違いを記録していくのが楽しみになりました♪
posted by ぴよこ at 22:58| Comment(2) | 2007年の芽依(出産編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月25日

芽依出産3(入院生活)

さて、無事芽依を出産し、その後の入院生活のお話です。


手術後24時間は、相当頻繁に心拍・血圧などのチェックがあります。
1時間おきとかだったんじゃないかな。
心電図計をつけたままなので、
別にそれで起こされるという訳ではないのですが、
夜中に来ると気配で目が覚めるので、ゆっくりは眠れません。

また、足の先には血栓予防の為、
空気圧でマッサージするような機械をつけているのですが、
ぴよこの使っていた機械がたまた配線の接触が悪かったようで、
少し動くと配線が切れてエラー音がピーピー・・・
夜中もしょっちゅう鳴っていたので、ほんと眠れず、
同室の人にも申し訳なくて、ほんと困りました。(ノд`;)

飲食に関しては、水分は手術当日、
腸が動くのが確認できれば許可されました。
朝からの手術で、許可されたのは夜だったんじゃないかな・・・
食事は翌日からだったと思います。
ほんとひもじいです。
最初はお粥とかで、食べた気しないしね〜(⌒∇⌒;A


手術後24時間経った頃には、尿管を抜いて自力でトイレへ。
いくら病室内にトイレがあるとはいえ、
お腹を切った翌日に歩くなんて考えられない気がしますが、
硬膜外麻酔のお陰でなんとか動けました。


K市民病院は完全母子別室で、
授乳は3時間に1回授乳室に行って行います。
手術翌日の午後にはなんとか授乳室まで歩けるようになったので、
授乳も開始しました。

当然、赤ちゃんが初めて飲んだのは粉ミルクだし、
ぴよこは赤ちゃんが生まれて初めてする
変な色のうんちも見ていません。
これはちょっと淋しいな〜・・・。


ぴよこの場合、手術の翌々日には結構しゃきしゃきっと
歩けるようになってました。
が、「帝王切開後にそんだけしっかり歩いてる人見た事ない」と
病棟の看護師さんに言われたので、
普通はなかなかそうはいかないんでしょうね。

但し、しゃきしゃき歩けたのは手術後2日ほど、
硬膜外麻酔を外すまででした・・・
外した後はやっぱり切った傷が痛くて、腰も痛くて・・・
痛みだけでなく熱も出るわ、散々。
授乳に差し支えない鎮痛解熱剤を処方してもらって
授乳を続けていました。

普通分娩の産婦さんが羨ましく思えました。(-公-、)シクシク


また、辛かったのがお腹のマッサージ。
ぴよこ、どうも悪露(おろ)の出が悪かったみたいで、
回診に来る看護師さんがぎゅうぎゅうと
お腹をマッサージするんですよ・・・
これが本当に痛くて、もちろん痛いと訴えるんですが、
悪露を出した方がいいからと言われ・・・
激痛に顔を歪ませながらガマンしてました。

でもね、退院前の医師の内診では、
「別に出なかったら出なかったでいいよ」と言われ、
あの耐えた日々は何だったの!?って感じでした・・・(#`皿´)ノ
(そして悪露は、結局退院後にど〜んと出ました。)


手術後5日ほどでお腹のホッチキスが外され、
シャワーの許可が出ました。
久々のシャワーはほんと幸せ♪

芽依の時は冬だから汗もかかないし良かったけど、
2人目は夏だからシャワー浴びれないのはツライかもね( ̄ー ̄;


余談ですが、術後2〜3日の頃に部長回診というのがありました。
この日の朝は朝食の片付けも掃除も早く、
病院のスタッフさんはみんなどことなくピリピリムード。

そうこうしているうちに、
産婦人科部長が他の医師(5名ほど)と看護師長を引き連れて登場。
まるで『白い巨塔』(そんな大人数でもないけど)です(*´艸`)

ぴよこは、わざわざ切った痕を診られ、
ついで(?)に硬膜外麻酔のチューブまで抜かれました・・・
別に担当医でいいのに・・・(ー'`ー;)

これは大きい病院ならではの体験ですね、きっと(笑)


帝王切開は術後7日目に退院です。
普通分娩の入院は、初産婦5日、経産婦4日。
それに比べると長く病院に居られるので、
お乳をあげるのに完全に慣れてからの退院で、
それに関しては本当に助かりました。

この病院にしては珍しく、たまたま分娩がすごく少ない時期で、
授乳ものんびりできたし、
助産師さん達と色々話ができたのも後々本当に役に立ちました。

ある助産師さんが言ってた、
「子育てで思い通りになる事なんて何1つないよ」という言葉、
一生忘れません(笑)


深夜の授乳は自分で選択できたので、夜はゆっくり寝られて、
病院にいる間に体力も結構回復できたと思います。

ただ、赤ちゃんが見れるのは、授乳時間以外はママも家族も
平日1日1回夕方のみ、土日は朝夕1日2回だけ。
しかもガラス越し。
芽依は初めての赤ちゃんだったので、
会いたい時に会えない、抱けないってのもちょっと淋しかったり。

新生児室の芽依

ガラス越しの芽依です。
母が夕方仕事帰りに毎日芽依に会いに来てくれたので、
毎日赤ちゃんの面会時間に母とガラス越しに覗いてました(笑)


まだまだ寒い時期だったので、
退院時の芽依の防寒にはほんと気を遣いましたが・・・



次は退院後のお話をしま〜す(○´ω`○)ノ゙

 ⇒『芽依出産4(退院後の生活と余談)』につづく
posted by ぴよこ at 23:51| Comment(0) | 2007年の芽依(出産編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月22日

芽依出産2(帝王切開手術本番)

みなさん、日食は見れましたか?

ぴよこはその時間帯お買い物に出てましたが、
あいにくの曇り空で太陽は見えず。
途中めっちゃ暗くなって、「雨降る!?」と焦りましたが、
思えばあれが日食だったんでしょうね・・・



さて、今日は帝王切開当日のお話です。


この日も当然朝食は食べれず、水分も摂れず、
朝からひもじかったです(笑)

手術は9時か9時半からだったので、
朝早くからたっくと両親、める子が駆けつけてくれました。


ぴよこは、朝から血圧や体温を計り、
時間が近付くと病室で手術用の服にお着替え。
もちろんノーパンです(笑)
血栓予防用のきつくて白い膝上靴下も、病室から履いて行きます。
術着にハイソックス、結構変な格好です・・・
点滴も病室からだったかな?


手術室への移動は病室のベッドだったと思います。
移動中、担当医が「で、切るのは縦にする?横にする?」・・・
まだ悩んでくれてたのね(*´艸`)
「ほんとどっちでもいいんで、やりやすい方でお願いします」と
言うと、「ん〜、じゃあ横に切りますね」と。
やっぱり横に切りたかったんじゃん。(ΦωΦ)フフ…


手術室に到着。

手術室って、菌が繁殖しないよう寒くしているイメージでしたが、
足の手術をした時より全然寒くなかったです。
足の手術をした病院の手術室は、
タイル貼りで見た目から冷たい感じでしたが、
K市立病院の手術室は普通の病室や処置室と大差なく。


手術室で手術台に移動。
まずは麻酔だったかな?

麻酔医に、横向きになって体を丸めるよう指示されます。
(本来はうつぶせで丸くなるんですが、妊婦なので横向き。)
「お腹が出てるからあんまり無理しなくていいですよ」と親切。
「チクッとしますよ」と言われた後、背中にチクッチクッと痛みが。
多分手なんか切った時縫うのに使う、
普通の麻酔の注射を打ってるみたい。

これが効いてくると、今度は硬膜外麻酔をします。
もう全然感覚はないですけど、背中に細いチューブを挿して、
麻酔液を常注できるピストンのような物をつけます。
これは手術の後2〜3日つけっ放しにします。
これのお陰で、術後の痛みが緩和され、
手術の翌日から動く事ができます。
(なるべく早く動いた方が、血栓予防や癒着予防になるんだそう。)

次に腰椎麻酔です。
見えないんでよく分からないんですけど、
噂では針の長い注射器で腰椎に麻酔液を打つんだそうな。

「下半身がポカポカしてきますからね」と麻酔医。
ほんと、すぐにポカポカ温か〜い感じがしてきます。
「ちょっと気分が悪くなるかも知れませんので、言って下さいね」と
言われましたが、全然大丈夫。
「なんだ、余裕じゃん♪」と思った次の瞬間、
気分が悪くなり「おえっ」と・・・(ノд`;)
胃には何も入ってないので、何も出ませんが。


麻酔が済んだら、仰向けの大の字の状態で、
手術台にベルトで体を固定されます。
両手、両足も固定されるので、なんかこれから実験台にされる気分。
いや、固定しなくても動かないでしょ・・・
暴れる人、いるのかな・・・?(;゜;∀;゜;)

心電図計とか色々な機材を取り付け。
腰の辺りに背の高いカーテンみたいなのを置くので、
腰から下は一切見えません。(-д´-)ノ チッ

この辺りで、いよいよ切るのかな〜って思うと、
やたら緊張してきました。
めっちゃ心臓バクバクしてたら、
助産師さんに「緊張してます?」と訊かれた。
「はい、なんか急に・・・」と答えると、
「赤ちゃんもつられて緊張してるみたい。
赤ちゃんの心拍がすごく早くなったよ」と。
いやはや、お恥ずかしい・・・(/ω\)
この会話で、なんだか落ち着きました(*^.^*)


さて、いよいよ切開開始です。

と言っても、見えないし、感覚もないしで全然分かりません。
下半身は、なんとなく触られてるとか、押されてるとか、
そんな感じがする程度。

いざ始まってみると余裕で、なんだか逆にソワソワ。
いつ赤ちゃんが出てくるのかな〜、とか。
今何してるのかな〜、とか。
ぴよこ、切ったり刺したりするの見るの平気なので、
見たくて見たくて仕方なくなってきました。

なるほど、こうゆう人が覗きこもうと動かないように、
きっと体を固定するのね(笑)


そうこうしてる間に、赤ちゃんが取り出されました!
切り始めてから15分ぐらいじゃないかしら?
は、早い!!
麻酔の方が圧倒的に時間がかかってました・・・

無事かしら?
泣き声がまだ聞こえない・・・

あ!泣き声が!!

この間、多分短かったと思うんですが、
長く感じて仕方ありませんでした。
泣き声を聞いた瞬間は、思わず涙が出ました。
看護師さんが涙を拭いてくれ(固定されてるので自分で拭けない)、
「赤ちゃんは今綺麗にしてますから、もうちょっと待って下さいね。
お腹を今から閉じますね」と優しく声をかけてくれました。

医師達は後処理と縫合をしてくれてる様子。
ぴよこはとにかく早く赤ちゃんを見たくてウズウズ。
あんまりウズウズしすぎて、この時医師の変な言葉を耳にしたのに、
変だと気付かず。


赤ちゃんが来ました!
顔の真横に連れてきてくれ、
手の固定ベルトを外してしばらくそのままにしてくれました。

ちっちゃ〜い!
可愛〜い!!

ぴよこのお腹から出て来たんだぁ・・・
なんかすごい。

ちょっと脂でベタベタ・・・


しばらくして、赤ちゃんの体温が下がるといけないので、
赤ちゃんは保育器に入れられ新生児室へ。
手術室の前で待ってるたっくや家族の前を通って。


産まれたてホヤホヤ芽依

その時める子が撮ってくれた写真。
芽依が生まれて初めて撮った写真です。


その後、たっくだけは新生児室の予備室に入れてもらい、
芽依を抱っこさせてもらったそうです。
ぴよこもまだちゃんと抱っこしてないのに・・・
いいな、いいな〜! ジタバタo(><)oジタバタ

超新米パパ

める子によると、たっくは抱っこしたまま微動だにしなかったそう。
あまりにも小さくて、壊れ物を持ってる気分だったんですって。
(*´艸`)プッ


眩しい?

K市立病院は母子完全別室なので、
この日動けないぴよこはもう赤ちゃんを見る事はできません。
ちょっと淋しいよ(-公-、)シクシク



さて、病室に戻る途中で医師から術後の説明を受けたぴよこ。
開腹した際、ピンポン玉大の子宮筋腫が見つかったそうな。
普通は子宮にめり込むような形でできるので、
出血量が増えるのを嫌ってついでに取るような事はしないのだが、
ぴよこの筋腫はめり込まず、ぶら下がるようにできてたので、
ついでに取ってくれたんだそう。

赤ちゃんを取り出した後の、医師の変な言葉を思い出した。

『電気メス』

残るは縫合だけのはずなのに、なぜ?って一瞬は思ったんだけど、
赤ちゃんが気になって聞き流してしまってました。
なるほど、子宮筋腫を取る為だったのね・・・

ってか、取る時に「取りますね」とか言ってくれてもいいじゃん・・・



次は術後について書きま〜す(○´ω`○)ノ゙

 ⇒『芽依出産3(入院生活)』につづく
posted by ぴよこ at 23:34| Comment(0) | 2007年の芽依(出産編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月21日

芽依出産1(帝王切開前日)

よくよく考えたら、芽依を産んだ後っててんやわんやで、
帝王切開ってどうゆうものかって記事、書いてなかった・・・

あと1ヶ月で2度目の帝王切開なので、
復習(?)を兼ねて、最初の帝王切開を記録しておきましょう♪

芽依がどうやって生まれたかの記録でもあるしね♪♪

時間が経っているので、
どこまでちゃんと覚えてるか怪しいけどね・・・( ̄ー ̄;



ぴよこが芽依を出産した大阪府のK市立病院は、
帝王切開の場合は手術前日の午後入院、手術後7日目退院です。


入院初日。

この日はたっくは仕事だったので、両親&める子と病院へ。
確か、午後1〜2時ぐらいに病院の受付集合。
総合病院なので、他の診療科の入院患者さんも一緒に集合でした。
入院書類を提出後、少々(結構?)待たされ・・・
その後、診療科ごとに呼ばれ、担当の看護師さんが病棟に案内。

病室や施設の説明なんかを看護師さんから軽く受け、
相部屋だったので同室のみなさんにご挨拶。
その後、荷物の整理。

医師からの手術の説明は夕方にあり、
それまでに赤ちゃんの心拍を取ったり、
手術の各担当者が説明に来ますとの事。

しばらくして、赤ちゃんの心拍を記録する装置がやってきて、
ベッドに横になって計測。
安静にしてないといけないので、ちょっと退屈・・・
ぴよこの検査は入院前に終わっているので、
尿の量を計る以外は特に何もしなかったと思います。
(血圧は何度か計ったかな?)

その後、手術担当の麻酔医、看護師、薬剤師がそれぞれ別々に
手術手順や術後の説明に病室に来てくれました。

18時頃までそんな感じで、結構ヒマでした(⌒∇⌒;A


18時頃、ようやく医師から手術の説明が。
この頃には仕事を終えたたっくも駆けつけてくれました。

手術の説明と言っても、大体の事は事前に聞いていたので、
再確認って感じ?
特に訊かれたのは、「縦切開」にするか「横切開」にするかでした。
「縦切開」は、術中問題が生じた際にも術野を広げ易いんだとか。
但し、術後の傷が目立つ。
「横切開」は、術後の傷が目立たないんだそう。
事前の検査でも問題はなかったし、今回はこれでも大丈夫との事。

ぴよこ的には赤ちゃんさえ無事生まれれば
傷なんてどーでも良かったので、
医師に「やりやすい方でやって下さい」とお願い(笑)
医師的には横に切りたかったみたいで、やたら横を勧められました。
ほんとどっちでもいいんだけど〜


これが終わると、ほんと何もする事がなく・・・
家族がぞろぞろ病室にいても、相部屋だし回りに迷惑だし、
翌日もあるので早々に帰ってもらったら、当然退屈だし・・・
相部屋だから話相手はいるものの、
まだそんなに慣れてないから話も弾まないし・・・

食事も、入院前に食べた昼食が最後なので、
夕食時は周囲が食事する中、一人ひもじく雑誌を読み・・・
(こうゆう時、個室なら良かったのかも)
夜には水分も摂ってはいけなくなるので、
冬に暖房で乾燥する病棟内で結構辛かったです(-公-、)シクシク


前日の夜の印象は「ひもじい」「喉渇いた」で、
次の日の不安や緊張はありませんでした。( ≧Д≦)ノ彡☆バンバン

緊張感なさすぎ!?


借りてきたたっく!?

あんまり関係ありませんが、仕事を終えて駆けつけてくれたたっく。
女性ばかりの病室で、なんだか居心地が悪そう(笑)
「借りてきた猫」ならぬ、「借りてきたたっく」状態です(* ̄m ̄)



次は帝王切開当日について書きま〜す(○´ω`○)ノ゙

 ⇒『芽依出産2(帝王切開手術本番)』につづく


。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *


余談ですが、7/18の記事に書いたむくみは、
日曜日の夜辺りからマシになってきました。
長時間立っているとまだむくんだりはしますが、一時的なもので、
すぐに収まります。
やっぱり塩分のせいだったのかなぁ・・・

ご心配をおかけしました。
posted by ぴよこ at 11:30| Comment(0) | 2007年の芽依(出産編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月21日

芽依10ヶ月

12/20、芽依が無事生後10ヶ月を迎えました。

乳児身体発育曲線

身長71cm、体重9kg。

至って順調に成長しております。
体重は、ちょっと順調に伸びすぎかしら・・・(゜ー゜;A



な、なんと、生後10ヶ月にして、7・8本目の歯が生え始めました!
今度は上の、真ん中の歯の両横です。

これって・・・早いよね??
標準は、1歳で上下真ん中4本ぐらいだと思うんだけど・・・

歯がムズムズするのか、おっぱいをよく噛みます(ノд`;)
しかも、ゴリゴリ噛みます・・・。゚(゚´Д`゚)゚。
痛いです・・・。。゛(ノ><)ゝ



最近よく頭を抱えています。

ムンクの叫び

その姿は、まさに『ムンクの叫び』。
乳児が何をそんなに苦悩するのか・・・・・

まぁ、以前していた首振りと一緒で、
これをするのはゴキゲンな時だけなんですが(* ̄m ̄)



頭を抱えるのは別にして、だんだんと、
状況と行動が一致するようになってきた感じがします。

例えば、嬉しい時に手をパチパチしたり、嫌な時に首を振ったり、
人と離れる時にバイバイしたり・・・



あ、そうそう。
バイバイがかなりできるようになってきました。
手を振ると言うよりは、手をひらひら〜って感じです。

今日はたっくにいってらっしゃいのバイバイができました(*´ェ`*)



人のマネをするようになってきました。

先日母と電話していた時には、
横でテレビのリモコンを耳に当てていました。

子機を渡すと、子機の背中(?)を耳に当ててたし(* ̄m ̄)



最近、「ごはんを食べながら」とか、「お風呂に入りながら」、
寝てしまう事が多々あります。

お風呂で寝ちゃったよ(*^.^*)

どうも、眠いにも関わらず「起きてたい」欲求があるようで。

結局は限界を迎えて寝るんだから、とっとと眠ればいいのに(笑)



さて、歩く気配はやっぱり全くありません。
伝い歩きは、できるのにほとんどしません。

まぁ、伝い歩きできる場所がソファーぐらいしかない我が家なので、
「歩いて移動する」という考えが芽生えないのかも知れませんが・・・

カタカタ(手押し車)も、興味は示し、つかまりはするものの、
「押して歩く」という行動はしません。
ぴよこが押して歩いて見せてもしません。

ま、まだ10ヶ月、あんまり早く歩かれても困りますが。



最近、思い通りにいかないと泣き叫ぶ事があります。
自己主張強すぎ!?
ワガママ!?



「ボタンを押す」事がマイブームのようです。

先日書いた「Esc」ボタンを押される話も困りものなんですが、
今一番恐れているのが食洗機のボタン。
もう、手が届いていて、何度か押そうとしているんです。
困った事に、食洗機にはチャイルドロック機能がない・・・( ▽|||)

食洗機って、洗い終わるまでに1時間ちょっとかかるんです。
日中は電気代が高いので(関西電力はぴeプラン)、
夕方に食事の支度をしながら、夕食で使うお茶碗なんかを
洗う時もあるんです。

それを終わりかけに押して止められた日にゃあ・・・
立ち直れないかも知れません。il||li _| ̄|○ il||li



先日、無事三種混合T期の2回目の接種をしました。

1回目は、注射の痛さに大泣きでしたが、
今回は不穏な空気を察したのか、処置室に入るまでは
ゴキゲンだったのに、処置室に入り、医師の顔を見た途端
大泣きでした(笑)

このまま順調にいけば、1月中に3回目を接種できそうです。

三種混合T期は満1歳までに終えないといけないので、
2/20生まれの芽依、ギリギリ間に合いました・・・

予防接種、次からは余裕を持って、
早め早めに済ませていきたいと思います(´・ω・`)




まぁ、こんな感じで日々成長です。

どんどんパワーアップする芽依に負けないように、
ぴよこも頑張りたいと思います!( ̄‥ ̄)=3
posted by ぴよこ at 20:15| Comment(0) | 2007年の芽依(出産編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月18日

目指せ!女の子☆

カバーオール着用時は、とにかく男の子に間違われた芽依。

なので、上下別の服を着せるようになってからは、
なるべく女の子らしい物を選ぶようにしている。


帽子も然り。


イチゴたんでちゅ♪

帽子を嫌がってすぐに脱いでしまう芽依。

お店でいちごの帽子を見つけ、芽依に被せて「可愛い〜!」と
褒めちぎったら脱ごうとしなくなった。

意味が分かったのか・・・?w(*゜o゜*)w


このイチゴは食べられないでちゅよ…

これでもう男の子には間違えられまい・・・!( ̄‥ ̄)=3



あんまり可愛いので、今日の写真は大きめにしてみました♪
(↑親バカ)
posted by ぴよこ at 11:56| Comment(5) | 2007年の芽依(出産編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月15日

うさぎさんのヘアピン

芽依の前髪が伸びてきたので、ヘアピンを買ってみた。

うさたんのヘアピン


ぴよこ的には物凄く可愛いと思うのだが、たっくに言わせると・・・

 たっく 「ハゲかけのサラリーマンや!(爆)」

物凄く失礼だと思う!!怒


ハゲじゃないでち…

可愛いのに・・・



まぁ、前髪が伸びたと言っても、相当広い芽依のおでこ、
実は前髪は全く邪魔にはなっていません。

そう、ヘアピンはぴよこの自己満足の為に買ったに過ぎないのです。

だって女の子だもん!色々おしゃれさせたいんだもん!!


でも、何でも口に入れてみたいお年頃の芽依、
自分でヘアピンを取って誤飲しちゃうといけないので、
当分はぴよこが楽しみたい時だけ着ける事にします(笑)
posted by ぴよこ at 11:39| Comment(2) | 2007年の芽依(出産編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月14日

犯行の決定的瞬間

先日日記にUPした、芽依が「Esc」ボタンを押して困るという話。
(cf.「日々成長」)

コメントが消されたり、送信が取り消されてしまったり、
被害は本当に甚大です。
最近は芽依の起きている時にパソコンを触るのを断念しているので、
CookPadはとってもサボリ気味です・・・



昨日ついに、芽依の犯行の決定的瞬間を押さえる事に成功しました。

必殺「Escボタン押し」

「芽依がたまたまキーボードの左側にいるから」という偶然だとは
到底思えない、あまりにも意図的に「Esc」ボタンのみを狙った犯行。

これはやはり、芽依を放ってパソコンで遊んでるぴよこへの
嫌がらせなのか・・・?(;´д`)トホホ



そういえば、実家にいた頃、パソコンに向かってたら
姫もよくパソコンデスクに乗ってきたなぁ・・・


0歳児と猫の行動って、なんとなく共通点多いですよ。
posted by ぴよこ at 10:20| Comment(4) | 2007年の芽依(出産編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月12日

すがりつきたいの…

最近、「出掛ける気配」というか、「出掛ける準備」が
分かるようになった芽依。

たっくが夜勤に出ようとすると、さっきまで遊んでいたおもちゃを
投げ出して、たっくを引き止めようとします。

パパ、いかないでぇぇぇ(TT△TT)

違う違う。芽依のお仕事は、笑顔でパパに
「いってらっしゃい」する事なんだよ?「('ヘ`;コリャ、マイッタネ。



最近パパ大好き度がグングン上昇中の芽依。
おっぱいを飲んでる途中でたっくが帰ってきたら、
おっぱい放置でたっくを出迎えに行くぐらい・・・Σ( ̄◇ ̄;)エッ!?

パパに負けたおっぱいの立場って一体・・・・・
il||li _| ̄|○ il||li
posted by ぴよこ at 12:03| Comment(2) | 2007年の芽依(出産編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月11日

は・・・?歯!!

それは、義母さんによって発見された。



一昨日、たっくのご両親にお米を頂いたので、お礼に夕食を我が家で
食べてって頂いた時の事。

ふと義母さんが、
「あら芽依ちゃん、下の歯、次のが生えてきたんじゃない?」と。

よく見たら、最初に生えた下の2本の歯の両横に、
うっすらと頭を出している小さな歯が・・・


12/7の日記で芽依の成長っぷりについて書いてから
わずか2日。
あの時には確かに生えていなかったはずだが・・・


いや、それより。

芽依、早くないか!?
まだ10ヶ月にもならないのに、もう6本も歯が生えるものなのか!?

コレ食べられないでちゅ…

芽依の食への執着心が、歯を早く生えさせるのだろうか・・・・・?


歯のお手入れ、そろそろちゃんとしなくては。(ー'`ー;)
posted by ぴよこ at 10:36| Comment(2) | 2007年の芽依(出産編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。